BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)

BCIT

 


 

学校の特徴

バンクーバーはもちろん、BC州で非常に高い評価を受けるテクノロジー・サイエンス・ビジネス分野専門の公立校、BCIT。ディプロマプログラムだけでなく、看護学など学位取得のプログラムもあることから、職業訓練専門学校と大学との要素を持っています。開校当時から、即戦力になるスキルと知識を身に付けた卒業生を送り出すと、雇用主からの評価も高く、就職に強いことで知られています。

卒業生の方に伺うと、カナダ企業の中にはBCIT卒業生用の別枠を用意して、BCIT内の求人情報にしか基本的に掲載しないような求人がよくあるという事です。

・Computer Information Technology
・Network Administration and Security Professional
・Industrial Instrumentation and Process Control Technician
・Forest and Natural Areas Management
・Civil Engineering
・Medical Radiography
・Marketing Management

 

インタビュー

Dさん(Business Management Study)

クラスメイトは多国籍で、例えば中国、台湾、ブラジル、ドイツ、イランなど、国籍が多様です。事例研究の時は違った意見が出るのは、とても良い経験になっていると思います。時々議論もするけど、それも良いのではないでしょうか。『組織行動論』の先生が特に好きです。授業にアクティビティが盛り込まれているので、それがとても記憶に残るのだと思います。

 

Mさん(ICEP)

毎日授業は6時間で宿題が2時間分出ます。最初の頃は、クラスが20人弱と大きめなので、先生と話すチャンスも少なく、慣れるまで大変でした。入学当時は、400レベルのクラスだったのですが、ついていくのが大変過ぎたので、300レベルに下げてもらい、今では授業のスピードも内容も満足しています。リーディングでは、パラグラフリーディングといって、段落ごとのメインアイディアを引っぱり要約する課題など、日本ではやった事のない勉強法で、新鮮ですね。英語力もどんどんついていると思います。

 

BCIT(ブリティッシュコロンビア工科大学)について日本語で問い合わせる

 

JPCANADA留学センターを知ったきっかけは?

お住まいの都道府県は?