あ痛たたたたたた~~!!の、タイ式マッサージ。

あ痛たたたたたた~~!!の、タイ式マッサージ。

こんにちは。カウンセラーの中里です!(^^)
生まれてはじめて行ってまいりました。
タイ式マッサージ。汗汗汗
massage.jpg
学生時代に観ていたテレビで、よく罰ゲームとかで、
お笑いタレントさんたちが、激痛のため、涙を浮かべながら悶えていたあのマッサージ。
私的には、すっかりそんなことを忘れており、
体の疲れをすっきりさせるための、リラックスマッサージと思って、
ウキウキ気分で友人にアポイントを入れてもらいました。
英語が通じない、人のよさそうなアジア系のおばちゃんが担当してくれたのですが、
もう、いきなりで出しから激痛が体を走りました。
まず彼女は、私のか細い体を、
握りこぶしで思いっきり力を入れて全身の激痛スポットをスキャンしました。
僕の体が激痛に反応した全てのつぼを一瞬にして見抜き、
そしてその一つ一つを丹念にぐりぐり、しかも肘で攻めてゆきます。
ところどころ、「あ、そこ気持ちいいかも?」という箇所もあるのですが、
あえてそこはスルーされます。
いつもエステのアロマ天国マッサージを受けて、途中居眠りしてしまう私。
今回のタイマッサージは、1時間のセッションなのですが、
最初の数分で、この苦痛に果たして耐え抜けるのだろうかと、気が遠くなりました。
あんまり痛いので、2回ほど泣きました。
この歳になって、本当に久しぶりに泣きました。
そんな中、マッサージをしてくれているおばちゃんは、
隣のブースで同じくマッサージしている同僚と、
壁越しに、英語ではない母国語で話をしていたのですが、
「T&Tが。。」とか、ところどころ僕でもわかる単語が出てくるのでなんとなく、
どこかのスーパーが安売りをしているとか、
そういった話していたようです。
何とか、1時間耐え抜き、マッサージ部屋に設置してあった洗面台の鏡を覗くと、
よほど苦痛で歪んでいたのか、顔中がしわだらけになっていました。
すごい顔でした。
massage 2
で、散々言っておきながら、最後になんなのですが、本当に良かったです。
マッサージ後、数時間体がフワフワとして、気持ち良いのなんのって感じでした。
きっと、体中のコリが解れ、内臓からリフレッシュできたのだと思います。
あれから胃腸の調子も良いし、とっても元気です。
激痛に耐えた者だけが味わえるあの快感。
皆様も是非。w