カナダの空港(エアライン)でインターンしました! CCEL/GBC:Shokoさん

カナダの空港(エアライン)でインターンしました! CCEL/GBC:Shokoさん

彼女が通った学校はこちら:CCELGastown Business College
しょうこさんは、ワーキングホリデーで2010年3月にバンクーバーへ来られました!
大学生で、帰国後は大学に戻り、就職活動に励みます!との事。
まずはESLで学び、その後就職活動を意識してインターンシップの専門学校に行くことを決意。
最終的には、念願であったカナダの航空会社でのインターンシップを体験!
そんな翔子さんの留学生活をインタビューしました!
Shoko3.jpg

CCELは大規模な学校でしたが、雰囲気が良く、アットホームで安心して勉強することが出来ました!
先生は皆さん面白くて、とっても楽しい人ばかり。学校を卒業してしばらく経つのに、遊びに行ったときには
『しょうこ~元気だった!?』と覚えていてくれた事が嬉しかったです。
生徒がとても多国籍なので、色々な国のお友達を作りたい方にはとってもお勧めです!
本当にたくさんの人と出会うことが出来、様々な考えの人と話せる機会があるので、とても貴重な体験でした。

Shoko2.jpg
語学学校を卒業後は軽いホームシック状態で、『将来どうしよう・・・』と相談がありました。
その時は結構本気で帰国する事も考えていたそうですが、インターンシップで有名なGBCに出会い、もう少しカナダで頑張る事を心に決めたようです。
インターン中での良い出来事は?
やっぱり私は留学生なので、英語はネイティブみたいに話せないけど、お客様もスタッフもとても親切に接してくれました。特に印象に残っているのが、一度、飛行機に乗り遅れそうな人がいたのですが、チェックインや荷物などのお手伝いをしたら、そのお客さんがすごく喜んでくれて、時間が無いにもかかわらず『ハイファイブしよう!』と言われ、嬉しかったです。
逆に、大変だった出来事は?
11月に大雪が降ったことがあったじゃないですか。あの時は、どこの航空会社も飛行機が遅れたり、キャンセル便があったりと、その対応がとても大変でした。急いでいるお客さんたちは、パニックになって『どうして飛行機が飛ばないんだ!』とすごく怒っていて、早口の英語でクレームを受けるので、うまく対応も仕切れずに余計に怒らせてしまったりと、大変な思いをしました。
あの時ばかりはウェストジェットの制服を脱ぎたかったです。笑

GBCの学生は皆すごく熱心でガチなんです。それがチームワークとなって、授業中や宿題など皆で協力し合えた事がすごく良い思い出です。インターンでは、大変な思いもしましたがそれも含めて他では経験できない大切な時間でした!落ち込んでいた時期に、帰国せず、インターンの道に進んで本当に良かったと思っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村
毎月東京で説明会を開催中。詳しくはここをクリック。