日本帰国ガイド&成田でのPCR検査(動画)【2021年4月更新】

日本帰国ガイド&成田でのPCR検査(動画)【2021年4月更新】

【2021年4月更新】

新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
必要なこと
厚生労働省サイトより
1.出国前72時間以内の検査証明の取得
2.14日間待機する滞在場所の確保
3.滞在場所への移動手段の確保
4.指定アプリ(4つ)のインストール・登録※
5.誓約書の提出(入国時)
6.質問票の提出(入国時)

※スマートフォンがない場合/指定アプリがインストールできない場合は
到着後レンタル(費用は自己負担)して、手続きが必要です。

PCR検査についての詳細
現在、日本入国・帰国する乳幼児を含むすべての人は、
出国前72時間以内に実施したCOVID-19に関する「陰性」結果の証明が必要です。
(検体採取が出国前の72時間以内です。結果判明が出国前の72時間以内ではありません)
これは、日本人も対象です。
証明が提出できない場合、検疫所が確保する宿泊施設等で待機となります。(検疫官の指示に従わない場合は、検疫法に基づく停留措置の対象となる場合があります。)
出典

●搭乗予定航空便の出発時刻から72時間以内に検査を受ける必要があります。
●原則として(1)の所定のフォーマット(外務省サイトよりダウンロード)の使用が推奨されます。(2)の任意のフォーマットの場合は、以下の内容が必要です。
ア 人定事項 :
氏名・パスポート番号・国籍・生年月日・性別
イ COVID-19の検査証明内容
検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)※
検査結果・検体採取日時・検査結果決定年月日・検査証明交付年月日
ウ 医療機関等の情報
医療機関名(又は医師名)・医療機関住所・医療機関印影(又は医師の署名))
全項目が英語で記載されたものに限る

採取検体・検体方法 2021年4月13日現在

検体採取方法:以下のいずれか
・鼻咽頭ぬぐい液(Nasopharyngeal Swab)
・唾液(Saliva)

検査方法:以下のいずれかに限り有効

その他よくある質問(厚労省サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

有効な検査証明、無効な検査証明の例

テストが受けられる場所【できるだけ日本政府指定フォーマットの陰性証明が出せるクリニックを選んでください】
BC州 Private testing/ Testing for Travel
Carepoint Medical※日本政府指定フォーマット陰性証明発行可能(Vancouver)
Bon Voyage Medical (Coquitlam)
Integrated Wellness Medical Centre  (Port Coquitlam/NorthVancouver)
Travel Safe Immunization(Vancouver)
YVR Medical Clinic(バンクーバー空港内)
Ultima Medical(Vancouver他)
Travel Medicine & Vaccination Centre(Vancouver,Victoria, Kelowna他多数)
Iridia Medical(バンクーバー)
費用はだいたい300ドル~400ドル(+Tax)かかるようです。
詳細や予約の有無、また日本の規定を満たすかどうかなどは、関係機関に直接ご確認のうえ、お出かけください。
※2021年2月4日追記:BC州のShoppers Drug Martの一部の店舗でも可能となったようです。バンクーバーの場合は2か所あり、費用は199ドル+Taxとのことです。

ON州
在トロント日本国領事館によれば、以下のクリニックが条件を満たしているそうですが、
必ず検査前にあらかじめ、再度ご確認ください。
Switch Health
Sante Medic

※Shoppers Drugで受けられる検査は基準を満たしていないようです。

 

 

その他一般の帰国準備チェックリスト
部屋の契約を解消しましたか?
通常は1 month notice=契約終了日の1か月前の連絡です。
自分で契約をしていた人は、光熱費やネットの解約もしましょう。
デポジット返金受け取りについても確認しておきましょう。

銀行口座を閉じましたか?
残高が多い場合は、数日かかる場合があります。お早めに。

携帯電話を解約しましたか?

大使館/領事館に、帰国届を提出しましたか?

Taxリターンの手続きをしましたか?

持って帰れない荷物は別送品の手配をしましたか?