JPスタッフより:バンクーバーをリアルに感じる方法

JPスタッフより:バンクーバーをリアルに感じる方法

こんにちは、カウンセラーの芦田です。
もうオリンピック目前となりましたね!バンクーバーのダウンタウンは毎日変化があり、
オリンピックに向けて着々と準備をして、一体感が生まれているようです。なんだか、ワクワクしますね。
さてこんなバンクーバーですが、まだ来ていない人のために、少しでも「リアル」なバンクーバーを
感じてもらおうと、便利なページを紹介します。
一つ目は、WEBカメラのページです。
バラードブリッジ
今は世界中の都市を、インターネット上のウェブカメラからリアルタイムで覗く事が出来ます。
リアルタイムといっても、一定間隔でとられた写真がアップされているものですが、
朝昼夜の雰囲気や天気などがリアルに伝わって、とても面白いものです。
参考までに、幾つかバンクーバーのページを紹介します。実際はもっとたくさんあります。
ウォーターフロント1
ウォーターフロント2
ジェリコビーチ
バラードブリッジ
ダウンタウン(GMプレース、サイエンスワールドなど)
オリンピックの時期になると、もっと賑やかな様子が、ウェブカメラを通して見れるでしょうね。


そしてもう一つの、バンクーバーを感じる方法はGoogle Mapのストリートビューです!

大きな地図で見る
上記の場所は、Jpcanadaのオフィスがある建物です。
あたかもそこにいるかのようにバンクーバーを移動出来ます。
試しに、マウスで画面の上をクリックしたまま、グリグリ動かしてみて下さい。
通常のGoogleMapも、バンクーバーはかなり詳しく表示がされるようになり、道順検索なども出来るので、
大変便利になりました。バスや電車を使った順路も詳しく検索できます。
是非みなさんも、インターネットで「リアル」なバンクーバーを実感してみて下さい!
※現地に住んでる私でさえも、このようなページを見るのは楽しくて、ついつい時間が経ってしまいます