学校でたくさん話すと決めていました Satoruさん 2回目

学校でたくさん話すと決めていました Satoruさん 2回目

今日も、昨日に引き続き、Satoruさんの学校感想です。
今日は、授業内容に関してご案内します。
学校 → PGIC Vancouver
学校の授業はいかがでしたか?先生はどんな人がいましたか?
最初は、スピーキングで苦労する人が多いと思います。どこの国の人も英語が得意めな人、英語の基礎がわかっていない人もいましたが、最初のセッションでどこのレベルになったとしても、日本人は全体的にスピーキングが弱い傾向があると思いますが、英語がある程度できる人はだいたい3ヶ月あれば喋れるようになってきました。
授業は主に中学高校で習った文法を使って会話をします。これだけ聞くと簡単に思えますが、実際に一時一句完璧な文法で会話することは難しいです。選択授業では、パワーリスニングやプラティカルライティングのような、自分の弱点を強化するものもあれば、カフェトレーニングスキルやホスピタリティースキルのような、仕事で使う英語を身につけることもできますし、イングリッシュムービーやミュージカルシアターのようなものもあります。
PGICには、TOEIC,Business, Power Speaking, IELTS, TOFEL, J-shine、ケンブリッジコースもあります。
宿題は多いですか?どんなものがどのくらい出ますか?
宿題は、基本的に授業でやった内容を復習します。たくさん宿題を出す先生もいれば、宿題をあまり出さない先生もいます。

10550924_840909009255523_1123221255751938583_n.jpg

◆ カナダ留学に役立つNo.1サイトはココをクリック!