教員採用試験に合格しました!Koji君(2)

前回に引き続き、教員採用試験に合格したKoji君のお話です。本日は語学留学生活について詳しく伺います。

 

留学中の1日の過ごし方を教えてください。

語学学校に通っていた時は、放課後はいつも友達とカフェなどに行き宿題を話しながらやっていました。たまにジムにも行ったりして時間を潰し夜はホームステイで復習や英語の映画を見たりして過ごしてました。

ワーキングホリデーだったので、アルバイトを始めてからは、朝は寝て夕方から夜にかけてはバイトという生活を繰り返してました。週末は友達と毎週のように飲んでいました。

語学学校での勉強はいかがでしたか?

語学学校に5ヶ月通い文法、読む、聞く、コミュニケーションの4つのスキルをレベル別に学びました。

前半の3か月間は基礎クラスで、後半の2か月がスピーキングに特化したクラスです。

 

基礎クラスではgrammar, reading, listening, speakingという4つのスキルに分かれていて自分のレベルにあった内容がで、集中して1つ1つに取り組めました。先生方も優しくすぐにクラスにも溶け込むことができ、読み書きよりも実践的なことが多かったので楽しく学ぶことができました。

宿題も多くなく出たとしても友達と一緒に取り組んだので仲良くなれる1つの要因にもなったと思います。

スピーキングに特化したPMMというクラスでは、ディベートやプレゼンテーション、歌やダンス、アクティビティを通して体を動かしながら、また友達や先生と笑いながら学びました。

しかしPMMクラスでのプレゼンの準備が語学生活で一番忙しかった日々だと今では思います。

 

留学をして、英語力以外に、変化したことはありますか?

本当に一番変わったのは私生活が規則正しくなりました。自分ですべてをやっていかなければいけない生活だったため、帰国後もしっかりと自分のことは自分でできるようになりました。また夜更かしもしなくなり健康的に変わった気がします。

また何事にも自信を持つことができるようになりました。留学中は毎日が挑戦で新しい友達を作ったり、バイト先ではお客様の対応をしたりと失敗ばかりでしたが、その経験があるからこそ今は何事にも挑戦という気持ちで自身をもってたくさんのことに取り組めるようになりました。

あとはお酒が好きになりました!!

 

留学中に印象に残っていることはありますか?

1番はやはりカナダで出会った人の人柄のよさです。学校の先生や友達、エージェントのみなさん、バイト先の同僚、ホームステイのファミリー全員が優しくたくさん支えられたと思います。

Jpcanada留学センターでは留学の全てをサポートしてくださったのでどれも本当に助かったと思いました。
イベントが毎月用意されてるのでそれは参加すると英語の勉強になったり、友達作りにもなるので引き続きやっていただけたらと思います。

こういった出会いがなければ今頃は留学中に挫折していたと思います。帰国後も連絡をとったり、日本の友達とは会ったりすることもあります。

 

規則正しい生活により、語学学校中はアルバイトともしっかり両立をさせていたのですね!

次回はいよいよ英語教授法についてのお話を伺います!