【カナダ留学: Bobさん】アクティビティにも率先して参加!

【カナダ留学: Bobさん】アクティビティにも率先して参加!

今回は大規模校のILSCに通っているBobさんをご紹介いたします。
“Bob” は、カナダに来てからJpcanadaスタッフと一緒につけたEnglish Nameです!

 

①ILSCに決めたきっかけは?

生徒数が多いので授業のコースが多く、英語を学ぶだけではなく、
英語で興味のある分野を学ぶことができると思ったことが決めたきっかけです。
また、ILSCは大規模校なので世界の様々な国々から学生が来ており、
とても国際色豊かな学校であるのも魅力の一つだと思います。
様々な国の人たちと友達の輪を広げることができます。
それから、English only policyもしっかりしています。
頻繁にスタッフの方が見回りに来ていて、キャンパス内で日本語で話すことができません。
うっとうしく思うこともありますが、英語力の向上には重要なことだと思います。

 

②クラスメイトにはどんな人がいますか?

クラスメイトは、いろいろな国の人がいます。
多いのは韓国人、台湾人、ブラジル人、日本人ですが、 コロンビア、メキシコ、フランス、
イタリア、ウクライナ、ロシア、サウジアラビア、中国など様々な国から来ています。
みんないい人たちで、南米の人たちは話すことが好きな人達ばかりです。

セッションの最終日にクラスメートたちと撮った写真です。

 

③学校の授業はいかがですか?先生はどんな人ですか?
進度や、先生の話し方、内容、難しさ、授業の進め方などなど教えてください。

初日の授業は戸惑いました。やっている内容は日本で受けた授業の復習なので簡単なのですが、
授業の進め方が日本と異なり、先生やクラスメートが言っている英語が全く理解できませんでした。
また、みんなが好き勝手に話すので、ちょくちょく話が脱線します。
しかし、脱線した話でも先生が文法や発音のミスを指摘したり、説明してくれるので勉強になります。
授業の進め方は先生によって違いますが、日本の授業のように先生が一方的に話す授業を行う人はほとんどいません。
なるべく、生徒が話す機会を多くするように心がけている先生が多いように思います。
具体的には、話題や質問を書いた用紙を生徒に配り、その内容についてパートナーと話をして。というような感じです。
わからないことは積極的に先生に質問しないと答えてくれません。
意思表示をすることはとても大事なことなんだと実感しました。

退職される先生との2ショットです。

 

④宿題は多いですか?どんなものがどのくらい出ますか?

宿題は少ないと思います。多くても、教科書2ページ程度であり、1時間あれば終わります。
ただし、任意の宿題があり、適当な話題について文章を書いて提出すると、先生が添削をして返してくれます。
また、友達の話だと宿題を大量に出す先生もいるそうです。
幸か不幸かまだ宿題を大量に出す先生には当たっていません。

⑤学校に入って、英語力が伸びたなーと感じますか?特に感じるのはどんなところですか?

英語は伸びていると感じます。授業でも授業外でもそうなんですが、英語での会話の持続時間が伸びたなーと思います。
沈黙の時間が以前よりもだいぶ少なくなってきていると思います。
また、以前よりも質問したいことについて質問できるようになってきていると思います。
まだまだ、語彙力が足りずに思っていることを言葉にできないこともありますが、確実に以前よりも進歩していると思っています。

 

⑥学校のアクティビティには参加しましたか?どんなものに参加しましたか?

学校のアクティビティは好きでよく参加しています。
バンデューセンのイルミネーションやUBCのミュージアムを見に行ったり、トランポリンパークに行ったりしました。
ヨガ、ズンバ、カーディオキックボクシングなんかは毎週行われています。
また、ボードゲームで遊ぶアクティビティにも参加しました。
知らないボードゲームのルールを日本語で理解することも大変なのに、英語で理解しなければいけないためさらに大変でした。
しかし、とりあえず挑戦しながらルールを説明してもらい楽しく遊ぶことができました。
ボードゲームは参加したアクティビティの中で一番英語力が要求されるアクティビティだったと思います。
英語でルールを理解しなければいけなく、英語で自分の意思を伝えなければいけないため
英語力向上にもってこいのアクティビティだと思います。

 

⑦クラスメイトや授業、先生などなど学校でのことで、面白エピソードや、
例えば、「すごい!」「えー!?」「何それ変!」といった印象に残っていることはありますか??

路上のカナダ人に声をかけて、質問して答えを聞いてきてください。とか、クリスマスセーターを着ている人を見つけて
その人と一緒に写真を撮ってきてください。などその辺にいる知らないカナダ人に声をかけなければいけない課題を
やらせるのにはびっくりしました。カナダ人は親切な人が多く快く協力してくれる人たちばかりでした。
また、授業時間にみんなでスケートに行った後、クレープを食べに行ったり、ヨガをやったりなど
授業をしないで遊ぶ時間を設けることにもびっくりしました。

 

友達とスタンレーパークに散歩に行った時の写真です。

 

⑧  将来の夢、または帰国後の具体的な予定

日本で行っているキノコ屋を基盤にして、語学留学で得た知識を加えて仕事をしていきたいと思っています。
日本のキノコを世界に発信していきます。日本のキノコを世界に広めます。

 

積極的に色々なアクティビティーに参加しているBobさん。これからも、たくさんのアクティビティーに参加していろいろな話を聞かせてください。まだまだバンクーバー生活を楽しんでくださいね。

 

Bobさんの勉強したILSCを見てみる