【カナダ留学:Ayumiさん】積極的になることが大事!

今日は、VanWestに通学されたAyumiさんの学校感想をご紹介します。


クリスマスパーティーでクラスごとのピザランチ

VanWestは確か中規模でしたが、私の在籍した期間は生徒数が少なく、授業で先生とコミュニケーションを取れる機会がより多くありました。他の学校の友達と話題を共有するとVanWestはかなり厳しめの学校のようです。
イングリッシュオンリーはもちろん、毎日宿題も毎週末ペーパーテストとプレゼンのテストもあります。私自身、コミュニュケーション中心よりも、コツコツ勉強するのが好きな方なので、この学校にしてよかったなと思ってます。

コースと先生について…

私の選択したESLコースはLv.1からLv.8までの基礎英語のコースで、毎週末レベルアップのテストがありました。私はLv.2からのスタートで内容的にはとても簡単でしたが、それでも初めのうちは英語の授業と他の国の人の積極性に圧倒され先生に問われること以外はほとんど発言せずにテストの点数は良かったものの、Lv.2のまま5週気楽に過ごしてしまいました。Lv.3に上がった途端、宿題の量も増え内容が難しくなりました。ですが先生がとてもストイックな熱い方でした。厳しい中で成長を感じることができたのは、自分が授業でどんどん発言するようになっていたことです。Lv.4に上がったら最初の週に先生に「なぜLv.2に5週もいたのか」と聞かれました。「お金を払って英語を勉強しにきているのに発言せずにダラダラと下のレベルにいるのはもったいない。授業で発言することも自分自身の理解度のために大事だ」と言われ本当にそう感じました。

どのクラスのレベルの先生も、生徒自身それぞれの英語の目標について何が必要かよく考えてくれます。書き出したらきりがないくらい素晴らしい先生ばかりです。


アクテビティ、ウィスラーでの写真

クラスと友達について…

1クラス8から12人ぐらいで、国の割合としては、日本人2、3割に、韓国、ブラジル、台湾、サウジ、メキシコなどです。真面目な生徒が多い印象ですが、やっぱりお国柄が違うところが色々あって驚くことも多いです。一番仲の良かった友達はほぼ同じレベルだった韓国の子でした。初めのうちは、お互い本当に拙い英語だったのにコミュニュケーションがちゃんと取れてたのが不思議です。雰囲気でどうにかなってました。
学校のアクティビティにみんなで参加したり、放課後スケートに行ったりと宿題に支障が出ない程度で楽しみました笑

その他…

教材はレンタルで書き込みができないのは不便ですが、卒業時に持ち帰らなくていいのは助かりました。
受付のアヤコさんという日本人の方、受付なのでコミュニュケーションに英語必須ですが、いつも笑顔で対応
がとても丁寧、そしてよく気がつく方で安心でした。


バンクーバーに来た時期、どこも紅葉が素敵でした。

Ayumiさんの勉強したVanwestを見てみる