【カナダ留学:Tetsushiくん】多国籍な友達が出来ました!!

【カナダ留学:Tetsushiくん】多国籍な友達が出来ました!!

今回は学校の先生として様々な経験を伝えていきたいと留学に来られたtetsushiくんのご紹介です

①どうして、カナダに留学しようと思ったのか、教えてください。

学生の頃から留学して英語を学んでみたいと思っていましたが、大学まで部活に入っていたこともあり、学生の間は時間を作ることができませんでした。私は教員志望だったので、教員になってからはできない留学にチャレンジをしておきたいなと思い、留学して英語を学ぶことを決意しました。
バンクーバーを選んだ理由は、大学時代に出会った先輩方がバンクーバーに留学されてる方が多く、お話を聞く中でその魅力に惹かれて決めました。今考えると最高の選択だったなと思います

②語学学校に通学されましたが、着いたばかりの時から、卒業までどのような変化がありましたか?

着いたばかりの時はリスニングもスピーキングも上手くできず、大変だったのを覚えています。私は、CSLIという学校に通っていました。スピーキングのコースをメインで取っていたのと、学校の中はイングリッシュオンリーだったので、スピーキングのスキルが特に伸びた気がします。
少しずつ力が付いてくると、色んな国の友達がたくさんできて、遊びに行ったり飲みに行ったりできてすごく楽しかったです!

③学校のアクティビティーにも積極的に参加されていましたが、印象に残っていることはありますか?

私の学校は金曜日がアクティビティの日で、毎週設定されているアクティビティの中から1つを選んで参加するシステムでした。学校に残って授業を受けることもできますが、私は出来るだけ外に出て行うアクティビティに参加しました。
Rogers Arena を見学したり、カナダのボウリングやビリヤードを体験したり、Granville Island に出かけたり、Whistler Mountain に行ったり、Deep Cove にハイキングに行ったり…etc
沢山の経験をこのアクティビティの中ですることができました!!

④留学中はずっとホームステイをされていましたね。ホームステイに決めた理由や感想を教えてください。

私は留学中ずっとホームステイでした。ホームステイを始める前までは、ルームシェアなども考えていましたが、ホストファミリーがとても優しくて居心地が良かったので最後までお世話になりました。
ホストファミリーはカナダ人だったので、現地の生活というのも経験できました。
最初はネイティブの発音とスピードに苦しみましたが、毎晩、夜ご飯を一緒に食べながら1日あったことを話す時間などがあったり、休日にホストファミリーの息子さんと一緒に遊んだり、ホームパーティーがあったりしたことで、間違いなく英語力のレベルアップにつながったと思います。

⑤ご旅行に行かれたと聞きました。どちらに行かれましたか?印象に残っているエピソードなどがあれば教えてください。

留学期間中にイエローナイフとロサンゼルス・ラスベガスに旅行に行きました。
イエローナイフでは、夢だったオーロラを見ることができました。見れない日もあるそうなので、すごくラッキーだったなと思います。
ロサンゼルスには親戚がいたことと、友達が留学していこともあり5日間ほど遊びに行きました。その中で、車でラスベガスにも行きました。バンクーバーとは違った天候だったり文化があって、すごく楽しむことができました!

⑥今留学をしている皆さん、またはこれから留学をするみなさんへ一言お願いします。

今回の留学で、自分の「できること」ではなく「やりたいこと」に挑戦するという事の大事さを学びました。やりたいことがあっても「できないだろうなぁ」で終わらせてしまうと後悔が残ると思うので、色んなアプローチの方法でチャレンジしてみると大抵の事は実現できると思います。
後悔の無いように思いっきりやりきってください!

 

CSLIでは非常に積極的で学校で表彰もされていました!有意義な留学が出来たようで笑顔で帰国しましたね☆☆日本でも全力で先生として生徒と一緒に有意義な時間を過ごして下さい!

Tetsushiさんの勉強したCSLIを見てみる