ELS : Yuriさん

ELS : Yuriさん

学校 → ELS Language Centers

今月で、バンクーバー滞在3ヶ月目に入るYuriさん。何事にも、積極的にチャレンジしている姿がとても印象的です。いつも前向きに頑張っていらっしゃるYuriさんに、留学生活全般について インタビューしてみました。
Jpcanadaをどのように知りましたか?
はい。インターネットで、カナダの留学に関して調べていて出会いました。
カナダの印象はいかがですか?
都会と自然が、凄く身近に融合しているなぁと思いました。また、「カナダは大自然がいっぱい!」というイメージがあったので、以外にも建物の多さと高さに驚きました。また、人々はオープンでフレンドリーな中にも、マナーなどに対してはきちんとした意識を持っている厳しさもあると感じました。例えば、公共の乗り物なのでは目上の方を最優先させるといった姿勢を色々な場所で拝見しました
20110708Takeuchi2.jpg20110708Takeuchi1.jpg
学校の印象はどうですか?
まず、学校初日にクラス分けがありますが、クラスが101~112(何故100単位からなのかは分かりませんが・・・)とあって、とても細かく分けられる印象を受けました。
授業はほぼ毎日Homeworkが出されて、時にはpresentationもしなければならず、とても大変ですが(私は、プレゼンの度にナーバスになっていました)、授業についていくためにひとつひとつやりこなさなければいけないという気持ちにさせられ、プレゼンや小テストが終わった後は、その分大きな達成感を感じます。ELSは大学進学を目指している学生が多いので、先生方もそれに答えるかの如く、授業に対して熱心な方が多く、常に生徒たちのモチベーションを落とさないようにと気を配っている様子が分かりますし、質問をしたらそれに対して真剣に答えて下さります。だからと言って、勉強勉強ばかりではなくactivityもありますので、バランス良く息抜きも出来ます。
将来の夢はありますか?
日本に居る時、専門的なものではないのですが、度々日本人の方と外国人の方のコミュニケーションをお手伝いする機会があり、その経験等を通して、自分が言葉の懸け橋となって、英語が話せない日本人の方、日本語が分からない外国人の方達のコミュニケーションのサポートをできたら光栄だと思い、通訳の仕事に就きたいとより強く思うようになりました。私は、本当に英語を勉強することが好きで、大学も英語を専攻しました。しかし、実際にカナダに来てこちらの生活を始めると、本当に英語を専攻していたのか?と自分に問う位に、自分の英語力の未熟さを知り、日本での自分の英語力は“ままごと英語”だったのだと痛感しました。
まだまだ、目標を達成するまでの道のりは長いですが、これからカナダでの生活を有意義なものにして、英語力に磨きをかけたいと思います。
にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(アメリカ・カナダ)へ
にほんブログ村
カナダ留学に役立つNo.1サイトはココをクリック!
Yuriさんが使ってる留学センターはこちら