シニアセンター春のバザーボランティア!

シニアセンター春のバザーボランティア!

恒例 シニアセンターのバザーボランティア
056_Bazzar main 

今月のJPCanadaのボランティア活動はいつも通っているDTのシニアセンターのバザーのお手伝いに行って来ました。JPCanadaのボランティア活動が始まってこれまでたくさんの年間イベントに参加させていただいていますが、この春のバザーもなんと4年目になるんですよ!

これらの季節の行事やこのバザーなどの大きなイベントなどに、これまでJPCanadaの学生さんや地域の日本人の方々共に数百人というボランティアがお手伝いにいらしてくれています。


015_Bazaar Small 022_Bazzar Small
  
勿論センターのスタッフやシニアの方々は、もうすっかり私達ボランティアを期待して(というかあてにして
)いてくれて、本当にいつも暖かく歓迎してくれます。なんか家族の様な感じさえします。
センター側のボランティアはシニアの方々自身だったり、いつもキッチンでお料理をしているおばちゃんだったり、タッフもみんな顔見知りなんで、私達日本人ボランティアにも娘や息子の様に接してくれるんですよ。
007_Bazzar Small  045_bazzar small

このように、月例でボランティア活動を企画して皆さんに参加していただいていますが、初めて参加される人もいるし、何度もリピーターで参加してくださる方もたくさんいます。
今回のバザーのお仕事は準備日と当日と2日間のボランティアでしたが、合計16人の参加者がありほんとにたくさんのお手伝いをしてくれました。
もちろんバザーは大盛況でたくさんのお客さんで賑わいました。目標額にも達成できてセンターもボランティアもみんな一緒に喜びました 
Thank you for volunteering. we couldn’t have done it without you! って感謝していただきました。ほんとにみなさんの素敵な笑顔たくさんの働きのおかげです!ありがとうございました。

今回は参加者のももこさんの感想を紹介させて頂きますね。

先日はボランティアお疲れさまでした。

前回と同じ場所であったこともあり、とてもリラックスして参加することができました。
準備では、グランビル通りの歩道にチョークでバザーの宣伝を書きに行きましが、日本では絶対にすることができない貴重な体験でした^^
宣伝をしていると、いろんな方に声をかけられたり、振り向かれたりと行き交う人々の反応をみるのがとてもおもしろかったです。

今回のポジションはサーバーということで、初めての経験でしたが、来てくださった皆さまがとても親切にしてくださり、
色々お声をかけてもらいながら、とても楽しい時間を過ごすことができました。
お客様とコミュニケーションをとることの楽しさを知るとともに、自分の語学力を改めて認識させてもらい、とても貴重な経験をさせて頂きました。

バザーではアンティークのおしゃれな食器やアクセサリーがたくさん販売されていたり、お互い購入した物を見せ合いながらおしゃべりする姿をみて、海外だなぁと実感しました(笑)
後片付けは大変でしたが、終わった後は達成感でした^^
今回もたくさんの貴重な経験をさせて頂いてありがとうございました。
(momoko)



◆ カナダ留学に役立つNo.1サイトはココをクリック!