失敗しても恥ずかしい思いをしても、そこに飛び込んでみる事が大事 Akinariさん #2

失敗しても恥ずかしい思いをしても、そこに飛び込んでみる事が大事 Akinariさん #2

今日も昨日に引き続き、Akinariさんのお話をご紹介します。
今日は、Akinariさんが参加されたボランティアについてのお話です。
バンクーバーでの夏の大イベント、「AnimeRevolution」に、ボランティアとして参加された時のお話です。
ボランティアをしながらも、地元の方との交流もできたとのことで、楽しかったそうです。
写真からもその様子がうかがえますね。

 Jpcanadaのボランティアにも、たくさん参加してくれましたね。どのボランティアが、
一番思い出に残っていますか?

一番印象に残っているのは、去年の夏に開催された「AnimeRevolution」というイベントです。このイベントは、私が留学をする前からJPcanadaさんのブログで知っていて、カナダに行ったら絶対に参加しようと考えていました。アニレボは、日本のアニメ文化のイベントで、バンクーバーで最大のアニメイベントです。日本のコミケに似ていて、個人が作品を販売したり、ライブがあったり、日本の有名な声優さんをゲストに迎えたりしていました。会場内はコスプレをしたカナディアン達で溢れかえっていました。イベントは金土日と3日間開催され、一日8時間ずつ、計24時間のボランティアをしていました。私はバッジチェッカーというポジションに就き、入場者のチケット確認をしました。英語が流暢に話せない中でボランティアに臨んだので、質問に答えるのも一苦労です。ですが、ここで何もしないのはもったいないと思い、来場者に積極的に話しかけに行きました。写真を一緒に撮り、好きなアニメやキャラクターの話で盛りあがりました。自分の思っていることを100%伝えられない事がもどかしかったです。しかし、たどたどしい英語でも、彼らは耳を傾けてくれました。国は違うけれど、同じものを愛している。それだけでこんなにも通じ合えるんだと思うととてもうれしかったです。
本来なら3日間連続でバッジチェックのはずでしたが、二日目にたまたま声が掛かり、日本から来た企業の方の手伝いを少し任せてもらいました。カナダのイベントにも日本から来た人が関わっていると知って、とてもうれしく思うと同時に、何もできない自分を情けなく思いました。多くの現地の人と交流できたことも、イベントを運営する人の大変さと真剣さを目の当たりにしたことも、自分にとって本当にいい経験だと思います。ありがとうございました。
あきさん
ボランティアを通して、どんなことを感じましたか?
本当に楽しかったのですが、やはり自分の英語力のなさを感じました。せっかく話しかけてもらっても、面白い返しができないと、とても悔しかったです。ボランティアをしている中で感じたことは、とにかく何でもやってみることが大切なんだということです。少しでも興味があったら参加してみる。そうすれば必ず何かを得ることができると思いました。それは、そこでしか感じられない雰囲気であったり、そこで出会う人達だったり。英語が話せないからと足踏みをしていては、そのまま終わってしまいます。失敗しても恥ずかしい思いをしても、そこに飛び込んでみる事が大事なんだと学びました。
将来の夢、または帰国後の具体的な予定は、お決まりですか?
日本に帰国後は、大学に復帰後、もう一度就職活動をします。
バンクーバーでの日本のアニメの人気を間近で見ることができたので、自分はそれをもっと広めるような仕事に就きたいです。アニメを入り口にして日本と世界が繋がり、海外の人たちが日本にも興味を持ってもらえるといいと思います。
それと、英語の勉強にも引き続き取り組みたいです

これから、カナダに留学に来る皆さんに、一言お願いします!
カナダには、色々な国の人がいます。アニメに限らず、それぞれの国の文化を感じることができます。何か気になったり、することがないけど何かしたい!という人は、是非JPcanadaに顔を出してみて下さい。きっと優しく話を聞いてくれると思います。
せっかく留学に行くのであれば、今までにないたくさんのものに触れて下さい。カナダは楽しいよ

自分の好きなこと、好きなものを通して、今後は日本と世界の架け橋を作っていきたい。
そんなAkinariさん、日本での大活躍期待しています!カナダから、応援していますよ!

◆ ワーキングホリデー・留学をお考えの方の為の無料留学エージェントJpcanada留学センター