【ボランティア活動報告】5月:Vancouver Marathon

【ボランティア活動報告】5月:Vancouver Marathon

5月最初のボランティアは、毎年バンクーバーで開催されているインターナショナルなマラソン大会、Vancouver Marathon すごく天気が良かったので、スタンレーパークの給水ステーションは景色も良く水際の最高のロケーションでした!

当日は朝7時にはボランティアがスタート!青い”CREW”Tシャツを受け取り、重い水のボトルを運び出す作業からです。これがこのボランティア一番の難関・・・。

頑張って運び出した後は、テーブルを設置してコップにスポーツドリンクを作っていきます。

たくさん作りました!

ここまでできたら少し休憩。朝食のおにぎりを片手に、次の動きを確認します。

と少しリラックスしていると、もう少しで最初のランナーが来るよ!と連絡が入り、ばたばたとみなさん配置につきます。

カップを渡すチーム、Cheering Stick Balloonを叩きながらランナーを応援するチーム、ランナーがポンっと投げるカップや勢いよく受け取ったときにこぼれる水を掃くチームと分かれてランナーを待ちます・・・。

最初のランナーたちは、すごく早いので給水をしない方が多かったですが、徐々にお水を受け取ってくれる人が増え始め、戸惑いながらだった皆さんもどんどん応援の声が大きくでるようになり、給水ステーションに活気があふれていきました。お隣で和太鼓も演奏していたので、応援の声と音楽でとても楽しい雰囲気

給水ステーションのコーディネーターは日本人の方で、説明は日本語で行っていましたが、選手には英語で応援したり、更に走っている選手とハイタッチしたりしていました!応援するときに英語で何と言ったらいいんだろう、と新しい英単語の勉強もできましたね

午後になりランナーも少なくなっていけば、徐々に後片付けをしてボランティア終了。お疲れさまでした!!!今回のマラソンは最長42Kmのフルマラソンなので、ボランティア時間も長かったですが、普段触れ合うことのない街の人たちと短いながらもコミュニケーションをとったり、普段とは違う経験ができたかと思います。

また、今年は応募人数も多かったので、給水ステーションの他に、フィニッシュエリアで参加者の荷物の受け渡し作業にも数名参加していただきました。

開始前にランナーが預けていった荷物をフィニッシュラインまで移動させ、帰ってきたランナーに返す作業です。膨大な量の荷物の中から該当の荷物を探すのは、地味に見えますがすごく重要で大変なお仕事。ラインアップもすごく長くなっていたので、とても忙しかったですが、みなさんしっかりとボランティアされていました!

長時間に渡り暑い天候の中、皆さん本当にお疲れ様でした!

Jpcanadaでは毎月みなさんにご参加いただけるボランティア活動をご紹介しています。

Jpcanadaボランティア活動

ご興味のある方は、ぜひブログをチェックして次のボランティアに参加してくださいね!

 

@jpcanadaryugakucenter ポストを通して、みんなで情報交換!
#jpcanadaで留学生活をシェアしよう!