カナダ移民を目指す:永住権申請

移民を目指す

カナダは世界でも有数の移民国家。外国人が永住権(移民権)を取るのも他の国に比べて門戸が広いことでも知られています。また、カナダは過去に何度も『住みやすい国No1』にも選ばれており、生活の質、教育、治安、福祉、雇用などにおいて優れているとされています。

どんな方法で目指す?

ひとくちに移民になると言っても、移民になるための永住権申請はいくつかのカテゴリーがあります。そのため、一人ひとりのこれまでの経歴や条件によって適した申請方法は変わってきます。

永住権申請カテゴリー

永住権申請カテゴリー

  • Express Entry
  • 州ノミネーションプログラム
  • ケアギバー
  • ファミリークラス など

申請条件を満たすには?

永住権申請を行う方は、最初は申請条件が揃っていないことのほうが多いです。あなたの可能性を高めるためにできることはたくさんあります。

カナダ永住権申請条件
カナダ永住権申請条件
カナダ永住権申請条件

 
 

就労経験を得る

カナダでの就労経験を得ることで永住権申請の可能性が高くなります。

ポスグラはカナダで人的コネクションが無い方々の王道のひとつ

ポストグラデュエイト就労ビザとは?

 
 

語学力を上げる

ほとんどのカテゴリーにおいて一定の英語力が必要です。英語のポイントをUPすることで一気に永住権取得に近づきます。

ちなみに、カナダの公用語の一つであるフランス語でももちろんOKです。

 

【永住権申請に必要な英語テスト】
  • 英語-IELTS(General)またはCELPIP
  • フランス語->TEFまたはTCF

【IELTS・CELPIP】どっちのテストを受けるべき?【徹底比較】

 

スコアアップの為の勉強方法
スコア目標を定めた勉強方法

将来の目的と今の英語力によって、お勧めの勉強方法が異なります。

例えば、超初級の方に突然難しい上級者ばかりがいるようなIELTSコースに入ってもらってもちんぷんかんぷんになってしまいます。そもそも入れてもらえない可能性だってあります。

また、自己学習のみではスコアがあがりにくいのも事実です。特にスピーキングやライティングなど間違った方法で練習を重ねたところでスコアは伸びません。間違いを指摘してもらえる環境で勉強するのが望ましいです

 
スコア対策プログラムや勉強方法について相談

 
 

学歴をつける

カテゴリーによっては、一定の学歴が必要となります。また、カナダでの学歴があるとボーナスポイントになったり、申請できるカテゴリーが増えることもあります。

カレッジ・大学進学

申請者の経歴や、学校の種類によっては、せっかくカナダで通学しても先に繋がらないこともあります。時間やお金を無駄にしないよう、事前に専門家のアドバイスを受けることをお勧めします。

 

ビザに関するご相談・お問い合わせ

お名前 [漢字] 必須

Name [英語] 必須

メールアドレス 必須

電話

お住まい

現在お持ちのビザ

JP担当者(*担当者が分かる場合はご記入ください。)

問い合わせ内容