バンクーバーに住みたい!

バンクーバーに住みたい!

2010年冬のオリンピックが行われ、日本人にもなじみある街になったバンクーバー。バンクーバーおよびその周辺地域はカナダ第3位の規模を誇る大きな都市で便利な一方で、海、湾、川、山、森といった豊富な自然に囲まれ、温暖な気候も相まって世界一住みやすい街に何度もランキングしています。

 バンクーバー生活と学校生活を楽しんだRyokoさん

利用者の概要
・学校:inlingua
・期間:6ヵ月
・ビザ:ワーホリ

中規模の学校で尚且つ、スピーキングに力を入れている学校ということでinlingua に決めました。また、日本に居るときからビジネス英語に興味があったのでビジネス英語を得意とする講師陣が揃っていると聞いたのも決め手の一つです。
クラスメートは南米・アジアの人が多かったです。最初はうまくいかずに悩んだこともありましたが、カウンセラーさんや、友人のサポートもあり6ヵ月間とても充実した学校生活を送ることができました。
クラスはしっかりとレベル分けされているので、自分のレベルで授業を受けることができます。
学校生活を通して素晴らしい先生に出会う事もできました。授業中に習ったフレーズを街中で聞くと嬉しくて、話すことがとても楽しくなりました。どの先生も映像や音楽を使って授業に工夫を凝らしていて、私は1日も休まずに通学しました。
学校在学中、inlingua の日本人親睦会の幹事と司会進行をする機会があり、日本の料理を食べ、本当に色々な人に協力していただきとてもいい体験ができました。
正直、学校に通学している間は自分の英語力に変化を感じることはありませんでした。私はワーキングホリデーでバンクーバーに滞在していたので、職場でのスタッフ同士の会話やお客さんとの会話で、学んだ英語を活かせたとき、英語力の伸びを感じました。
海外生活の中で、自分が思っている留学生活とのギャップに悩む時もあったし、楽しいことばかりではないですが、カナダ生活の中で文化の違いに触れ、自分の意志をはっきり伝えるようになりました。また、日本で色々な人に支えられて生きてきたということも実感しました。
カナダ、バンクーバーは本当に素敵なところです。文化・街並み・自然…みんなとても優しいので、これから留学を考えている方にもおすすめの街です。

 


 

 バンクーバーの魅力についてChihiroさんが教えてくれました。

利用者の概要
・学校:ILSC
・期間:12週間
・ビザの種類:ワーキングホリデービザ

【 Point 1 】 大自然と都会の2つの顔

 

スーパーやデパートが多くあり、生活するには困らない都会的な面を持ちながらも

通学するときには壮大な山や海の景色を眺めながら歩くことができたりと

大自然にも恵まれた街… それがバンクーバー!(:

ダウンタウンから山や海までのアクセスは、電車やバスで30分もあれば十分です♪

「 便利 × 新鮮な空気のもとでの生活 」これを満喫できるなんて贅沢…。

 

【 Point 2 】 お洒落なカフェがたくさん!

 

もともとカフェ巡りが大好きな私には天国のような場所です(笑)

チェーンになっているお店はもちろん、個人経営のカフェが本当にいっぱい!

『スタバ(Starbucks coffee)ばかりに行くのはもったいない。』

このフレーズをバンクーバーでは何度も耳にしました。

今では、日本でスタバが大好きだった私も同感です。

カフェ巡りが楽しすぎて、バンクーバーに来てから

Instagramのグルメ専用アカウントを作ってしまいました^^

 

【 Point 3 】 カナディアンには本当に心優しい人がいっぱい!

 

ここに来ている留学生の多くが同じように言います。

私はダウンタウンに住んでいるのですが、

本当に頻繁に親切なカナディアンを目にします。

街角でMAPを見ている人がいれば、声をかけて『どこに行きたいの?』と

誰もがガイドのように手伝ってあげていたり、

今年の日食鑑賞の日には、たとえ知り合いではなかったとしても道端で

日食鑑賞用のグラスを持っていない人には貸してあげて感動を共有していたり…^^

語学学校の先生も優しい方達ばかりで、卒業した後でさえも

いつでも歓迎してくれて、質問しに行けば温かい対応で応えてくれます。

カナディアンの優しい人柄とオープンな雰囲気が私は大好きです♪

 

【世界で最も住みやすい都市ランキング】で北米第1位のバンクーバー。

その魅力を帰国までにもっともっと発見して帰りたいなと思います^^

 

 

バンクーバーでスタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしております。