美容師・ネイリスト・マッサージセラピストとしてカナダで働こう

どんどん増えていく日本人美容室・スパ・ネイルサロン

日本の技術はトップクラス!日本では一般的なサービスも海外の人にとっては大満足なんです! そして何より、長期で滞在する日本人にとってもやっぱり安心ですよね。

老舗の日本人経営の美容室・スパ・ネイルサロンで数年働いた後、独立して自分のお店をカナダで立ち上げるケースもよくあるので、働く環境は年を追うごとに充実しています。

カナダはチップ文化だから収入もUP!

カナダでは基本的にサービスを受けた際に感謝の気持ちを込めてチップを支払うことがマナーとされています。 美容室もその例外ではなく、15%~20%のチップが相場となるため、1日平均¥2,000~¥4,000のチップを給料とは別に受け取ることができます。 これだけでも生活できていける、というスタイリストさんも珍しくありません!

カナダでは労働時間が安定している

日本の美容師さんの間では労働時間が長くて辛いという話がよく出ます。 カナダの美容室は夜8時までしか予約ができないなど、夜遅くまで営業しているところはほとんどなく、美容室で夜遅くまで働く労働スタイルは一般的ではありません。日本で深夜遅くまで長時間働かれていた美容師さんにとっては、この点が一番の魅力だと感じられる方もいらっしゃるようです。

カナダでは美容師免許が不要!

日本で美容師として活躍されていた方は、語学学校でまず英語を習う・慣れることでカナダでの美容師生活を充実させることができます。

日本では経験がないけど、カナダで美容師・ネイリスト・マッサージセラピストとして働きたい!という方には、専門学校の各コースでスキルを身につけることをお勧めします。 その場合、少し時間はかかりますが、海外の美容事情をイチから学ぶことができ、専門用語にも強くなれるというメリットがあります。

 

カナダで美容関連の専門留学をされている方の体験談

ここでしか学べない事がたくさんあります! – Aさん

ESLで英語を勉強してからこのプログラムをとったんですけど、それでも授業には知らない単語が沢山出てきて、美容用語なので辞書にも載っていないことが多くて大変でした。遅刻したり休んだりしたら絶対についていけなくなるので、皆勤賞でした(笑)。

ここでは日本と全く違う教え方をしていてびっくりすることが沢山ありました。例えば日本ではメイクアップアーティストがモデルさんの顔に手で触れたり、手をパレットにして、ファンデーションや口紅の色合いを乗せて見たりするのは当たり前なんですけど、ここでは衛生面がすごく厳しいので、絶対に直接手で触れてはいけないんです。そういうことが日本よりかなり進んでいて、とても勉強になりました。

それから日本の場合、美容関係の先生は学校で与えられたマニュアルに書いてあることは教えるけれど、絶対にそれ以外のことや自分の持っているテクニック等は教えてくれないんです。だから自分で先生のしている事を見て盗まなければ、いくら学校に行って勉強しても技術はうまくなりません。
でもここの先生方は、みんな教えてくれちゃうんです。自分の得意な事も、ピンチの時はこういう風に切り抜けられるという秘訣も、何でも具体的に教えてくれます。本当に、そんな事まで教えていいの~?というほどです。

 

将来カナダで働けるように手に職を!と入学を決意 – Yさん

スペシャルエフェクトのクラスをとってからは、映画を見る度に、これはどういう風に作ってるのかな、とか考えながら見る様になりました。先生方は実際に映画の現場で働いていて、週の半分を学校で教えている方がほとんどだったので、今撮っている作品のコールシートを持ってきて下さったり、現場の話をして下さったりしました。

現場で好かれるためにどんな事に気をつければいいかとか、現場でながすならラジオはこのチャンネルが良いよ、等具体的に教えてくれるのですごくためになります。
それから、学校では映画関係のボランティアの募集が沢山あって、校内の掲示板にはいつもそういった情報が張られています。そういったボランティアに参加すると、現場でまた別のボランティアの話を受けることもあり、人脈もどんどん増えていくので、すごくチャンスがある気がします。

* 画像はイメージです

 

BC州の美容・スパ・ネイルコースがある学校

 

美容専門留学について相談してみる

 

JPCANADA留学センターを知ったきっかけは?

お住まいの都道府県は?