IT留学からのITやWEB業界が盛んなカナダで働く

カナダでIT留学をするメリット

英語力をつける事でグローバル志向

一番のメリットは、やはり最先端の技術や開発現場に携われる機会を得られ易いということでしょう。誰かがする日本語訳を待つこと無く、英語で発信される最新情報を自身で取得し、一足先に実装に繋げる事も可能になってきます。

もちろん、カナダ等のグローバルな企業で仕事をするとなると、お客様や同僚と英語でコミュニケーションをして、携わるプロジェクトの全容を理解したり、先方に説明をして理解をしてもらう必要が出てきます。

カナダのITやWEB業界がここ数年アツイ

昨年度、11,500ものITプロフェッショナル系の求人がありカナダで最も成長した分野のひとつであるという報告があります。そのうち、5,000以上がトロント地区で、次いで2,000のモントリオール、2,000弱のバンクーバーと続きます。

またカナダ・バンクーバーからほど近いシアトルには世界企業の本社が多く構えられています。マイクロソフト・アマゾンといったIT企業はもちろんの事、スターバックス・コストコと言った名だたる企業の本社があるのが、西海岸のバンクーバーの強みとしても挙げられます。

即戦力となるよう創られたプログラム

カナダなど海外では即戦力となる人材が求人の上では求められます。そのような環境ゆえに、専門学校や公立のカレッジでは実践ベースのキャリアを意識したプログラムやコースが組まれています。カナダ人がキャリアアップ・スキルアップの為にそのような学校に数か月単位で受講をしています。英語力がつけば、同じ環境でそのようなプログラムを受講しカナダ企業への就職に結びつける留学生がいます。

 

カナダで人気の10大IT系職種
  • プロジェクトマネージャー(Project Manager)
  • ソフトウェアエンジニア(Software Engineer)
  • WEBデベロッパー(Web Developer)
  • データベースアナリスト(Database Analyst)
  • プログラマーアナリスト(Programmer Analyst)
  • JAVAデベロッパー(JAVA Developer)
  • システムアドミニストレイター(System Administrator)
  • クオリティーアシュアランスアナリスト(Quality Assurance Analyst)
  • ビジネスアナリスト(Business Analyst)
  • ネットワークスペシャリスト(Network Specialist)

 

カナダでIT留学をされている方の体験談

Web Designの学校で夢に向かって頑張ってます! – Sさん

学校の授業に関して、フリーランスや別で仕事をしながらの先生がほとんどなので、それぞれ全く違います。個人的にはアイルランド人の英語が早くて理解に苦しみました!笑 教科書や印刷物は全くなく全てコンピューター上です。

宿題は、1Termを通して1つ大きなプロジェクトがあり(最後の日にプレゼンで発表)、1ヶ月ごとにweekプロジェクト(フェイククライエントの課題が出て1日でwebsiteを作る)があり、毎日のクラスでも宿題が出て。と毎日宿題と課題に終われ半分くらいのクラスメイトが放課後毎日残り夜までやり、週末もクラスに誰かいる状態でした。web業界は全ての知識を覚えることはできないので、コーディングのクラスは自分で調べてやらないといけないものが多かったです。デザインのクラスは習ったスキルを活かして課題を作り、次のクラスでcriticがあり、コンセプトやなぜそうしたのかを説明しなければなりませんでした。ビジネスのクラスではレポートが基本でした。

* 画像はイメージです

 

IT系プログラムが充実している留学生に人気の学校

 

IT留学について相談してみる

 

JPCANADA留学センターを知ったきっかけは?

お住まいの都道府県は?