yvr-yyz-airport-eta-include-17660

eTA申請について

重要1★ワーキングホリデービザや学生ビザを申請していない方は、渡航前にeTAを申請してください。
重要2★eTAがない方はカナダに入国できません! (スマートフォンからも申請できます。)
重要3★カナダ政府側の都合により、申請ルールが急に変更となる場合があります。


日本人がアメリカに入国する際に ESTA の申請が必要ですが、カナダでも 2016年9月30日から同様のシステム(eTA)が導入されました。

電子渡航認証 (eTA) とは何ですか?
カナダに空路で渡航する際に必要となる新しい認証システムです。eTA はご本人のパスポートに電子的にリンクされ、有効期間は最長 5 年間、またはパスポートの有効期限までとなります。
私は関係がありますか?
はい、関係ある可能性が高いです。現在、カナダへビザなしで渡航される方は全員eTAの申請が必要です。eTAの許可がない場合、空港のカウンターで指摘され、飛行機に乗ることができません。また、ビザありの方も、ビザを取得した後にパスポートを更新した場合は、eTAの再申請が必要となります。お気を付けください。
eTA が必要な人は?
日本人は空路でカナダに渡航する前に eTA を取得しなければなりません。 (陸路・海路の場合は不要です)
eTAなしでも大丈夫ではないのですか?
2016年9月30日以降、空路でカナダへ入国する場合、必ず必要となります。
eTA の申請方法は?
eTA の申請は、オンラインの簡単な手続きにより数分で行えます。
スマートフォンからでも申請可能です。

必要なものは、
– パスポート
– クレジットカード(海外での利用許可を得てください)
– Eメールアドレスです。

取得料金は 7 カナダドル(クレジットカードで支払い)で、有効期間は最長 5 年間です。

eTA の申請自体は英語となりますが、申請をするための詳細な説明が日本語で用意されております。
申請の際はこちらのページ(日本語)を参考にしてください。申請もこのページから行えます。

※eTA 申請に自信がない方は、航空券を購入された旅行代理店へ個別にご相談ください。