ワクチン接種済みの人のカナダ渡航について/接種証明(ワクチンパスポート)

ワクチン接種済みの人のカナダ渡航について/接種証明(ワクチンパスポート)

【2021年7月28日Update】

カナダ政府は、今後も感染拡大状況が縮小傾向にあることを条件に、
2021年9月7日以降、カナダ入国14日間前までにカナダ政府承認のワクチン接種が完了している人に対し、
国境を開放することを発表しました。

第一段階
2021年8月9日以降:現在アメリカに在住しているアメリカ市民及びアメリカPR保持者に対して第二段階

2021年9月7日以降:すべての国からの入国者に対して

条件
1.カナダ入国14日前までに接種が完了(fully vaccinated)していること(要 英仏語の接種証明)
2.カナダ政府指定のワクチン(※)であること
3.到着時に無症状であること
※指定ワクチン
Pfizer-BioNTech, Moderna, AstraZeneca/COVISHIELD, Janssen (Johnson & Johnson).

ワクチン接種証明(ワクチンパスポート)について

2021年7月26日、日本の市区町村では、ワクチン接種証明として、いわゆる「ワクチンパスポート」の申請が可能となりました。厚生労働省ページ
●申請先
ワクチン接種兼を発行した市区町村(通常は住民票があるところ)
※1回目と2回目の間に転居している場合はそれぞれの市区町村で申請が必要です。
●対象となる人
次のいずれにも当てはまる人
・原則日本国内でワクチン接種を受けた人
・証明書があることで、渡航先の海外で防疫措置緩和が受けられるなどの理由がある人
●必要なもの
・申請書(申請先にあります)
・海外渡航時に有効なパスポート
・接種券のうち「予診のみ」部分(ない場合は、住民票の写しなどマイナンバーが確認できる書類など)
・接種済証又は接種記録書 (紛失した場合は予診票の写し(本人控え)でも可)●発行される書類見本

細かい規定は、市区町村により異なります。
郵送による受付のみのところもあれば、窓口で手続きをするところもあります。
発行日数についても、即日発行できるところもあれば、1~2週間かかるところもあります。

ご自身が申請する先の市区町村に、時間に余裕をもってご確認の上、お手続きなさってください。

ワクチン接種完了者は・・・
★ArriveCanによる渡航情報(自己隔離先の事前準備を含む)の登録が必要です。
★入国前のPCR検査は引き続き必要です。
★入国審査時に認められれば、入国後の隔離が不要となります。
★到着時の検査は基本的には不要(ただし無作為に選ばれた場合は検査対象)
★これまでの4つの空港(モントリオール、トロント、カルガリー、バンクーバー)に加え、
以下の5つの空港への国際着陸が許可されます。
・Halifax Stanfield 国際空港
・Québec City Jean Lesage 国際空港
・Ottawa Macdonald–Cartier 国際空港
・Winnipeg James Armstrong Richardson 国際空港
・Edmonton 国際空港


2021年8月9日12時01分(EDT)以降
飛行機で到着する全ての旅行者に対し、政府指定のホテルでの3日間の隔離が撤廃されます。

BC州へ到着した方へ
BC州外で1回または2回接種をした方は、BC州に登録をしておきましょう。
詳しくはこちら