カナダのビザ

カナダのビザ

 

日本人がカナダに渡航や滞在をするには、目的や滞在期間によってビザ等の申請が必要です。

 

カナダのビザってどんなものがあるの?

大きく分けて4つあります。

観光(ビザなし)

6カ月未満の短期留学の方は、観光(eTA)で入国が可能です。
また、すでにカナダに滞在してる人が滞在を延長するための方法の一つに「観光ビザ(Visitor Record)」の申請があります。
詳しくはこちら→観光ーカナダを旅する/短期留学をするー

 

学生ビザ

6カ月以上の長期留学の方は、学生ビザを申請しなければなりません。
プログラム内容や条件によっては、在学中の就労経験、滞在中のアルバイト、卒業後の就労ビザ申請できるケースもあります。
詳しくはこちら→学生ーカナダで長期留学をするー

 

就労ビザ

就労ビザ(ワークビザ)にはいろいろな種類があります。
最もよく知られているのが、1年間滞在就労が可能なワーキングホリデービザでしょう。
そのほか、学生のために発行されるワークビザや配偶者のためのもの、
雇用主のサポートを得て申請するものなどがあります。
詳しくはこちら→就労ーカナダで働くー

 

永住

カナディアンと同じように生活ができるのが永住(移民)権です。
選挙権はありませんが、就学や就労などに制限なく過ごすことができます。
カナダに永住(移民)する方法も様々で、その方のバックグラウンドやスキルなどに応じて適切な方法は異なります。
詳しくはこちら→永住権申請カテゴリー

 
 

ビザの延長や切り替えってできるの?

カナダでは、入国後にビザの種別を変更することが可能です。変更をする目的はさまざまですが、目的が変わった場合でも日本へわざわざ帰る必要はありません。

ただし、ビザの切り替えは予想外の結果となる危険性もあり、慎重な対応が必要です。移民局の厳正な審査が行われるビザ手続きは、過去の事例や経験がとても重要となるので、実際にビザ変更する場合は、ビザをもっとも得意とするJpcanada留学センターまで必ずご相談下さい。

学生ビザ・ワーキングホリデービザ ⇒ 観光
カナダ国内での書類申請によって可能です。ただし、ビザの種別にきちんとあった目的や理由が必要です。書類の記入にあたっては何か所か注意点があります。
ワーキングホリデービザ ⇒ 学生ビザ
カナダ国内での書類申請によって可能です。目的が変わったことをきちんと説明する必要があります。
観光 ⇒ 学生ビザ
カナダ国内で学生ビザを新規に申請することも可能です。ただし、学生ビザの「延長」申請とは違い、書類の作成等においては注意点がいくつか増え、また審査期間も長くなるのが一般的です。複雑な申請となりますので、必ず担当カウンセラーにご相談ください。
観光・学生 ⇒ ワーキングホリデー
カナダ入国後にワーキングホリデーの申請をすることも可能です。カナダ滞在中にワーキングホリデーの申請が必要となった場合は、まずは担当のカウンセラー、またはJpcanada留学センターのスタッフまでご相談下さい。
なお、ワーキングホリデービザを手に入れる前に、それまでのステイタス(観光や学生ビザなど)の有効期限が切れてしまった場合、カナダの滞在資格を失ってしまいます。ご注意ください。詳しくはこちら→カナダ国内でワーホリ結果を待っている方へ
  

ビザ申請サービスはありますか?

はい、Jpcanadaにはカナダ政府公認資格を持つコンサルタントが常駐しています。
皆様のビザ申請を一人一人のバックグラウンドをしっかり確認しながら行いますのでご安心ください!詳しくはこちら→Jpcanadaのビザサービス

  

ビザに関するご相談・お問い合わせ

お名前 [漢字] 必須

Name [英語] 必須

メールアドレス 必須

電話

お住まい

現在お持ちのビザ

JP担当者(*担当者が分かる場合はご記入ください。)

問い合わせ内容